今大会も昨年に続き安藤君がV2である。平光恭平君が全勝優勝目前で詰みを見逃し、3人プレーオフにもつれ込んだが、決勝戦は安藤響君と山田智之君で安藤君が接戦を制した。他には同時に4級に昇級したばかりの平牧君は5連敗、北川君は1勝4敗で共に持ち時間を余しての敗退は残念。思いっきり戦ってない。もう一人の4級平光恭平君は、全勝優勝は逃したものの持ち味を発揮した。
スポンサーサイト
いよいよ明日、第2回岐阜県学生名人戦を山県市の古田紹欽記念館で行う。素晴らしい環境で存分に力を発揮してもらいたいものである。
今日の朝は気持ちのいい朝。サクランボは真っ赤に熟している。金柑も鮮やかな黄色だ。雨上がりの朝、鳥たちが朝食にサクランボを食べている。アゲハ蝶や蜂たちも数匹来た。ここは小さなオアシス。
指導対局に来ていただくのは阿部隆八段である。地方にプロ棋士が来ていただけるのはとても有難い。子供たちの目にはどのように映るか楽しみである。
今日4人が4級に昇級した。昇級するきっかけに11手詰みの問題をだしたが全員正解した。日ごろ7手詰みに四苦八苦しているのに昇級が懸かると目の色を変えて解いてきた。流石にやればできる。その気持ちで将棋も学業も頑張ってほしい。
明日からいよいよ将棋講座が始まる。毎回定員を遥かに超える申し込み、有難い限りである。今年は中央青少年会館と市橋ルーム以外にも夏休みにも将棋講座がある。将棋講座では、いつもありきたりではあるが礼儀や作法を大切にしていきたいと思う。先ずは礼儀・作法だけは誰よりも清く美しくである。学校や塾のテストの最中、スポーツの試合中に相手と無駄話はしない。神剣勝負の場である。将棋も同じ。そしてこれに技術(ルール)が加われば自然に強くなる。今年の12月の金華山大会に誰が名乗りを上げるか楽しみである。
今日は我が家で金柑狩り。あまりにも豊作なため採った金柑は菖蒲湯に肖り、きんかん湯で湯船一杯に浮かべて入りました。それから今年もサクランボが青い実を付けています。サクランボも豊作です。
2006.05.01 交流試合
ここのところ岐阜市役所と岐阜高校との交流試合が出来ないのが寂しいです。是非猛一度実現したいですね。