2006.07.23 県外遠征続く
最近、将棋教室の生徒の県外遠征が続いている。今日は大阪へ4人、明後日は東京へ団体戦なので当教室からは3人。岐阜県の子供たちが全国の強豪を相手に縦横無尽の活躍を期待したいものである。
スポンサーサイト
7月9日、朝警報が出る中、金華山・岐阜城決戦が行われた。優勝したのは8回連続出場の中山洋輔君。毎回優勝候補と言われながら、ベスト4もしくは決勝で涙を呑んでいた。表彰式での彼の満面の笑顔は忘れられない。
今日で平成18年度前期岐阜市将棋講座が終了した。最後は恒例の将棋大会。今日もドラマがいろいろあった。ベスト8あたりから顔つきが変わってくる。中央青少年会館では低学年が大活躍で、苦悩する顔、顔、顔だった。いつも勝ち負けよりも顔にひかれる。青少年ルームでは女子が2位に入った。彼女も将棋の内容より顔を見ていた方が・・・。皆、家や学校では見せない顔かも知れない。