今年大学に入った教え子は、平成13年度第1回岐阜市将棋講座の生徒。その彼が、自宅で近所の子を集めてミニ将棋講座を開いている。
彼は教育学部に通い学校の先生を目指している。将棋を教えることが学校の先生になるための練習だそうだ。
ありがたいなあ。次の世代が将棋を伝承してくれている。将棋大会で活躍してくれることは格別に嬉しいが、自ら将棋教室をやってくれることも本当に嬉しい。彼の教え子が活躍する姿が早く見てみたい。
新しい世代の息吹だ。
スポンサーサイト