001 - コピー

今日将棋ってなんだろう?の第一回目の講座を終えた。
15名の生徒のうち女の子は何と9名。今まで7年将棋講座をいろんなところでやってきたが初めてである。岐阜県の女子将棋事情に大きな影響を与えてもらいたいものだ。

内容は、将棋が指せない子がほとんどなので将棋の駒に触れることから始めた。山崩しをみんなでやって駒に点数付け駒の名前を少しずつ覚えてもらった。
最後に詰みと王将と玉将の違いも覚えてもらった。
次回はいよいよ駒の動かし方をやってみたい。
スポンサーサイト
この度、岐阜市長良にある『NPO法人チャイルド・サポート たんぽぽのうち』からお話を頂き、『たんぽぽのうち』の子供たちに将棋を教えることになった。第1回目は9月27日。

理事長である萬田晃江さんはとても熱心で、子供たちが楽しくさまざまなことが学べる企画を考えている。
お話を伺っていてもどうしたら夢や面白いものを見つけてあげられるか、子供たちの将来のために何ができるか、話が尽きない。真剣に子供たちのことを考えている姿に敬意を表したい。素晴らしい
視野の狭い私にとってはとても参考になる。

27日はどんな子供たちに会えるか楽しみだ。磨けば光り輝く原石がいっぱいなことだろう