今回は玉を捕まえることを集中的に勉強した。
単なる王手では捕まらない。逃げれないようにして王手。取られたら取り返す方式で玉を詰ます。
後はみんなで将棋。
009_20081029131745.jpg


スポンサーサイト
19日、大垣教室の顔

手前・大橋史弥(墨俣小3)9級、奥・名和大輝(安井小3)6級
奥の名和君はここでは最強。
002 - コピー

立川悠太(大垣北小1)10級
003 (2)

安田卓矢(小野小5)10級
004_20081029161012.jpg

高木俊宏(養老小5)10級
005_20081029160935.jpg

高木伸也(興文小2)8級
006.jpg

伊藤 優(年中)7級
009_20081029161038.jpg


山田大輔(瑞穂西小4)9級
010.jpg

馬淵寛隆(静里小3)9級
011.jpg
名和祐里依(安井小2)9級
杉本、室田 - コピー
杉本先生と室田先生は、9月いっぱいまで毎週日曜日NHKの時間の講師を務めていらっしゃいましたので、流石に
知名度、人気が高く会場には大勢のご家族に来ていただきました。

杉本先生、室田先生には子供たちを相手に48名49局をご指導頂き、上は角落ちから下は9枚落ちまでで女の子
も4名参加した。

両先生は、例え8枚や9枚落ちの超初心者にも真摯に接していただき、子どもたちも少し緊張気味で盤に向かった。
初めてプロ棋士を目の前にし緊張のあまり指し手が伸びなかった子も何人かいた。

しかし、対局中は難しい顔をしている先生方も、局後は子供たちのレベルに合わせてやさしく感想戦をして頂いた。
室田先生の終盤の感想戦は次の一手問題形式で質問し、もっと早い寄せはないかを子供たちから上手く答えを引き
出していただけた。
杉本先生は、誰とでも感想戦をしっかりやって頂き時間が経つのも忘れるくらいだった。
どの子にも必ず良い点良くない点を説明し、どこの時点で勝勢になるか熱心に説明していただいた。
そして、先生方が負けたときの潔さも流石に見ていて気持ち良かった。


今回の指導対局は柴山教室では過去最高の人数で、教室の生徒のかなりがプロ棋士と対局ができたと思う。まだ
一度もプロ棋士と対局をしたことがない子も次回は必ず叶えてあげたい思う。

あらためて、杉本先生、室田先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。