2009.08.15 『 柴研 』
今回は、市内から加藤君(小6)と倉敷岐阜県代表(低学年)の洸太君が高山からやってきた。
二人は、急激に腕を上げたので柴研で腕試しといったところ。     

     001_20090815204616.jpg    002_20090815204629.jpg    

     003_20090815204643.jpg

加藤君も洸太君も序中盤までは何とか将棋になるが、中盤から終盤にかけてやはり力負けしている。

この力負けをいかに多く体験するかがとても大切である。今日は実り多い一日になったと思う。

復活イーグルス     
    
スポンサーサイト
今回の受講者の約8割が超初心者。いつも通り礼儀作法・ルールの勉強をし、後はできるだけ対局に時間を割いた。
対局中はとてもお行儀が良く、一生懸命考えているみんなの顔が印象に残った。

今後は学校や家で将棋を指すこともあると思う。どんなに弱くても礼儀作法だけは一番であってほしい。    
    002_20090808223529.jpg    001_20090808223519.jpg

    003 (2)    005 (2)

    005_20090808223617.jpg    004_20090808223628.jpg

    007_20090808223652.jpg    009_20090808223704.jpg

    014_20090808223736.jpg    010_20090808223723.jpg
        ※子供たちの写真をクリックすると拡大します
宮嶋健太君が、倉敷王将戦全国大会の結果報告を兼ねて先日取得した五段免状を見せに来てくれた。
教室の子供たちは初めて免状を見る子が多く、触って感触を確かめていた。彼らもいつか取得できる日がきっとくる日を願う。
早速、何人かの子供たちは健太君に平手で挑み対局を楽しんでいた。     

016_20090805225450.jpg


今年の健太君は将棋で活躍するだけではなく、岐阜市長表敬から始まり、TV「夢のちから」、ラジオ出演、テレビチャンピオン出演(9月予定)と将棋を大きくPRしてくれた。

    img021 (2)

いつも多くの感動をありがとう!。奨励会試験合格を祈る。

ファイト!!
    
棋譜並べは上手くなった。対局の方は、肝心はところで考えずに指す癖が直らない。手が出たり入ったりして指し手が決まらない、これも多い。
将棋の内容はそれほど悪くない。つまり、考えない(急いで指す)、手癖が悪い、詰みを読み切らない、この3点が直れば全員文句なしで1~2級昇級できる。

    006_20090805221144.jpg    010 (2)

    008_20090805221203.jpg    011_20090805221230.jpg

    013_20090805221244.jpg    014_20090805221257.jpg


今年の夏も暑いです    
    
この講座は岐阜市教育委員会が主催しており、毎回定員を大きく上回る人気の講座である。
今まで宮嶋健太君をはじめ多くの強豪が巣立っている。

市橋会場 32名

    003_20090803190902.jpg    004_20090803190916.jpg

    005 (2)    005_20090803190944.jpg

    006_20090803190956.jpg    007 (2)

    007_20090803191026.jpg    008 (4)

    008_20090803191055.jpg    010_20090803191106.jpg

    003 (2)
    模範対局

今回も2会場64名定員に対して100名近い応募、ほとんどの子が超初心者。

講座の最終日には恒例の大会を行う。優勝者は、第16回金華山大会の切符を手にする。
今回優勝したのは森 海斗君(西郷小4)。<右の上から3段目右の生徒>


東青会場 32名

    002_20090803191137.jpg    002 (2)

    003_20090803191206.jpg    005_20090803191217.jpg

    003 (2)

こちらの会場で金華山大会の切符を手にしたのは高木 悠君(長森北小6)。<最後の写真右>


この曲も忘れられない曲です