最終回は恒例の将棋大会。

    001_20101023212010.jpg   002_20101023212024.jpg

    003_20101023212041.jpg    004_20101023212059.jpg
     準決勝 宇土 対 橋本戦    準決勝 橘 対 鈴木戦


005_20101023212154.jpg
                決勝戦 宇土 対 鈴木戦

■講座総評
 今期の生徒はルールを知っている子が多く、入門将棋ではあるが少しレベルが高かった。勉強したことは、主にルール、礼儀作法、棋譜並べ、対局。
毎回対局中のマナーも良く最後は引き締まった大会になった。
優勝は、宇土直宏君(七郷小5)。前期講座に続いて連覇。おめでとう!。来年の夏の第19回金華山大会の切符を手にした。

お久しぶりです、今も昔も変わってませんね。  
スポンサーサイト
今日の市橋教室は大会。8級以上の部7名と9級以下の部11名がそれぞれリーグ戦を行った。

8級以上の部では優君・静里小1(右)が優勝し、9級以下の部では力旗君・笠郷小1(左)が優勝した。

写真は二人の決勝戦(優君の角落ち)の様子。

驚きは二人とも何と小学生1年生。最年少同士の決勝戦である。
8級以上の部では、6年生から1年生まで。9級以下の部でも5年生から1年生まで居たのに何が起こるか分からない。

結果は力旗君の生まれて初めての優勝。少し離れて見ていたおじいちゃんの嬉しそうな顔が忘れられない。

003_20101010205142.jpg

あの優君に勝つとは立派。力旗君の飛躍願ってます。

待ちに待った金華山大会での活躍が楽しみですね。
二人はJT杯2010こども将棋東海大会で同率3位に入賞した。

左が優君(静里小1)、右が舜君(黒田小2)。

教室では6級同士で仲の良いライバル。来年こそは二人で決勝戦を願っています。

   002 (2)     002_20101010205115.jpg

やっと二人の写真を並べることができた。今まで意外になかったので嬉しいです。
拡大してじっくり見て下さい。
2010.10.09 新刊の紹介
いよいよ10月25日発売。是非ご一読を。

           a0120818_1962482[1]

講談社出版。安次嶺隆幸さん(現役小学校教諭)の著書です。


彼女が教えてくれたものは?。