001 (2)

    005 (2)    017 (2)

    038 (3)      054 (2)

    058 (2)     061 (2)

003 (2)

今大会は好天に恵まれ金華山からは素晴らしい景色が見ることができたました。

伊藤奨君が3連覇、おめでとう!。

抽選による予選は前代未聞組のみ合わせになり、午前中から盛り上がりました。

大会を振り返ると、中盤に粘れず時間を余して投了が多かったです。7級以下の選手の大きな課題です。
5級以上の選手との違いはそこにあります。

決勝戦は、伊藤奨君(角落ち)と勝崎舜君。中盤までは一進一退が続いていましたが、上手の3五銀から形勢が傾きはじめ見事奨君が優勝しました。
この大会を経て奨君は1級、舜君は4級に昇級します。

最後に、大会にお付き合い下さいました保護者の皆さま、ありがとうございました。

後日ホームページにもっと多くの写真を載せますのでもうしばらくお待ちください。
スポンサーサイト
今日から三回コースで始まりました。

    001_20111126233352.jpg    002_20111126233401.jpg

    003_20111126233415.jpg    005_20111126233441.jpg

    005_20111126233441.jpg    006_20111126233452.jpg

    007_20111126233551.jpg

ルールと礼儀作法の確認の後は対局です。前回の入門編の受講者も数人いました。
全体的にはとても静かで皆さん良く集中できました。

次回は、棋譜並べと詰みの勉強をします。
周りの先駆者たちに言われました。

何も知らないあなたがやろうとしていることは、とてつもない大きな壁があるんですよ、無謀にも程がある、と。

でも当時壁がどんなものか知らなかったから20年こうしてやってこれた。


講座も今日で最後。恒例の大会を行いました。

    001 (2)    002 (2)

 
決勝戦は兄弟対戦。平成13年から始まった講座で初めてです。
  004 (2)
優勝は、岩佐一秀君兄(加納小5)。
一秀君は、前回の講座の大会の決勝戦で九分九厘勝っていた将棋を焦りから大逆転負けし、とても落ち込み悔しい思いをした。その後柴山教室で負けても負けても通い続けて今回の優勝に至った。本当に優勝おめでとう!。
弟の脩平君もいつも一緒にくっついて通ったことが兄弟決戦に繋がりましたね。脩平君もおめでとうです。

一秀君は来年夏の金華山大会エントリーです、これからも日々の精進脩平君と共に期待します。


ずっとずっと忘れない名曲です。