2008.11.27 年長vs年中
柴山教室の最年少対決。左が優君(年中)、右が舜君(年長)。

どうしてこんなに早く将棋が指せるようになったのか不思議でならない。彼らの局後の検討戦も凄い。大切な場面はちゃんと覚えている。この手が早かった、いやこっちの方がましだったなど、詰みはあったかなかったか結構うるさい。

ずっとこれからもよきライバルであってほしい。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kodomoshogi.blog45.fc2.com/tb.php/106-c0fd04ab