昨日、長森教室に江崎君が詰め将棋を解いて持ってきた。

確か3週間くらい前に無期限で出した23手の詰め将棋。

見事正解だった。
彼の棋力は6級、少し難しいのは分かっているが諦めずに解いてきてくれた。

初級者にとって大切なことは、自分の棋力に合った問題を早く多く解くことは必ず必要だが、少しレベルの高い問題を何カ月かかっても解く諦めない情熱を持ってほしい。

これが対局中の苦しい場面に必ず役立つと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kodomoshogi.blog45.fc2.com/tb.php/254-87384a0a