いざ、出発。
DSCF6744.jpg


①佐々木慶太 岐阜市立鷺山小学校5年 3回目出場 6級
  文部科学大臣杯第10回小中学校将棋団体戦岐阜県代表
      DSCF6752.jpg

②西尾俊吾 各務原市立陵南小学校5年 初出場 7級
      DSCF6753.jpg

③玉田一将 国立岐阜高等専門学校2年 初出場 7級
      DSCF6754.jpg

④林 裕也 岐阜市立鷺山小学校5年 7回目出場 5級
  文部科学大臣杯第10回小中学校将棋団体戦岐阜県代表
      DSCF6755.jpg

⑤金谷岳人 岐阜市立加納小学校5年 初出場 8級
      DSCF6756.jpg

⑥井原諒太 北方町立北方中学校1年 3回目出場 6級
      DSCF6757.jpg

⑦舩坂怜太 岐阜市立長良小学校4年 初出場 9級
      DSCF6758.jpg

⑧吉田佑吏 一宮市立奥中学校1年 3回目出場 4級
  第24回金華山・岐阜城決戦優勝
      DSCF6759.jpg

⑨中野雄貴 岐阜市立鷺山小学校4年 初出場 8級
  文部科学大臣杯第10回小中学校将棋団体戦岐阜県代表
      DSCF6761.jpg

⑩水谷友章 大垣市立大垣南中学校1年 5回目出場 5級
      DSCF6762.jpg

⑪磯谷祐維 一宮市立浅井田小学校6年 4回目出場
  第12回蔵珍窯お田植え祭りこども将棋大会優勝
 第42回支部対抗団体戦西日本大会優勝
  第13回倉敷小学生王将戦(高学年)愛知県代表
      DSCF6800.jpg

⑫中平大揮 岐阜市立加納小学校5年 6回目出場 5級
  文部科学大臣杯第9回小中学校将棋団体戦岐阜県代表
      DSCF6764.jpg

⑬鵜飼達哉 岐阜市立加納小学校5年 初出場 8級
  文部科学大臣杯第9回小中学校将棋団体戦岐阜県代表
      DSCF6765.jpg

⑭石田和暉 北方町立北方中学校1年 3回目出場 6級
      DSCF6766.jpg

⑮宮堂力旗 養老町立笠郷小学校5年 3回目出場 7級
      DSCF6767.jpg

⑯長柄克紀 岐阜市立長良小学校4年 2回目出場 7級
      DSCF6768.jpg

■ハイ、ポーズ
DSCF6746.jpg

■予選の様子
      DSCF6750.jpg     DSCF6751.jpg

      DSCF6760_20140709221040c9d.jpg      DSCF6769.jpg

■楽しい昼食
      DSCF6770.jpg        DSCF6771.jpg   

      DSCF6772.jpg      DSCF6773.jpg

■決勝トーナメント1回戦
      DSCF6774.jpg     DSCF6775.jpg

      DSCF6776.jpg     

■決勝トーナメント2回戦
      DSCF6779.jpg      DSCF6780.jpg

      DSCF6781.jpg     DSCF6782.jpg

■決勝トーナメント3回戦
      DSCF6783.jpg     DSCF6784.jpg

      DSCF6786.jpg    DSCF6787.jpg

■準決勝
      DSCF6788.jpg      DSCF6789.jpg

■決勝戦
      DSCF6790.jpg     DSCF6792.jpg

           DSCF6793.jpg            DSCF6796.jpg

      DSCF6797.jpg        DSCF6798.jpg

      DSCF6799.jpg              DSCF6802.jpg   

      DSCF6803.jpg


おめでとうございます
DSCF6805.jpg

DSCF6808.jpg

全員でカシャ第25回金華山大会 (3)

■総評
保護者の皆様、選手の皆さんありがとうございました。

 今回は前回に比べ6級以上が多く、予選リーグは5級3名が犇めく激戦区がありとても盛り上がりました。決勝トーナメントは流石に順当勝ちが多く7級以下には壁がありました。

 決勝戦は、昭和39年岐阜で行われた名人戦(大山vs二上)に用意された悲運の名盤が子供たちの対局によって蘇りました。この盤は年2回夏と冬に子供たちの夢に向かって復活します。
 対局は相右玉で、高田ブームの影響です。林君に後手祐維ちゃんが千日手を誘いましたが拒否。やがて激しい戦いになり、終盤の入口で指した祐維ちゃんの4六歩が厳しく歩切れの林君は猛攻撃をかけますが、祐維ちゃんの攻めがさらに厳しく林君は無念の投了となりました。林君は千日手の権利がありましたが、先手を活かすべく決断はそれなりの意地を感じました。2年連続の準優勝は悔しいと思います。是非てっぺんを取ってください。
 祐維ちゃんは将棋を始めて3年4ヶ月、あの高田君と机を並べて中山道鵜沼「塾」将棋講座でルールから勉強しました。
今年は充実してますね。まだあと、倉敷全国大会、JT杯、冬の金華山大会があります。頑張って下さい。これからは4級でお願いします。

 今年前期の最多勝利者賞は、橘郁人君です。後日将棋本をお渡しします。そして、懸賞詰将棋は中平君のお父さんがただ一人全問正解で景品を獲得しました。今年も懸賞詰将棋はみなさんにとって大きな壁でしたね。

次回は冬の金華山で会いましょう。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kodomoshogi.blog45.fc2.com/tb.php/462-5a06a6c1