T君がなぜ逆転負けするか段々原因がわかってきた。今回も7枚落ちで圧勝の将棋で玉を追い詰めたが詰みに討ち取らない。勢いよく攻めてきたのにどうしたことか。何も7手や9手詰めを望んでいるわけではない。1手もしくは3手詰めを望んでいるだけである。どうも3手詰めがわからないようだ。初心者なので分からないのは仕方がない。ただ、終盤である。勝ちが目の前にある。5分10分と考えて詰まなければ次善手を指してほしい。今回のケースもほぼノータイムで指している。ほんとにもったいない。
今回の上達ノートは、「優勢な将棋は必ず勝つ。終盤はどんなことをしても詰みを捜す。」である。次回の対局が楽しみ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kodomoshogi.blog45.fc2.com/tb.php/66-a9bff968